求人情報をチェックしてバイトを探そう【次のステップに繋がる準備】

様々な職業

ドライバーの仕事

供給過多による規制強化で、日本のタクシー業界は大きく変わった

私達の移動手段に欠かせないタクシーは、参入規制の緩和によって数多くのタクシー会社が乱立するようになり、各タクシー会社は数々の試行錯誤を繰り返しながら生き残りを図っています。都心部を中心に、初乗り料金が500円の「ワンコインタクシー」に代表される格安タクシーが走っており、各タクシー会社の企業努力がうかがい知れます。しかし、昨年施行された「特別措置法」によって、タクシー運賃の引き上げや台数の減車などが事実上義務化され、このような格安タクシーを運行することが困難となってしまいました。私達の移動手段に欠かすことが出来ないタクシー、少しでも安い運賃で乗れるのは、私達利用者にとっても喜ばしいことです。しかし、参入規制の緩和によって現在日本のタクシーは供給過多となっており、今後もさらなる構造改革が予想されます。

タクシードライバーの勤務形態とは

タクシー会社に所属し、タクシードライバーとして活躍する人々の勤務形態についてご説明します。まず、タクシードライバーの勤務形態で最も多いのが「隔日勤務」です。これは、名前の通り1日勤務したら1日休んで1日勤務、というように勤務と休みを交互に繰り返す勤務形態です。1日の拘束時間が最大21時間と長いため、翌日は必ず休日となります。ただし、勤務時間や勤務日はタクシー会社によって異なります。その他にも、夜間の時間帯に勤務する「夜日勤」もあります。この場合は週休二日制となり、週に2日休日を取ります。その他にも、アルバイトやパートの勤務形態に当たる「定時制」もあります。この場合は、1ヶ月に働ける数が最大8乗務に制限されます。